FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

ジュースパラダイス・ドバイ
 イスラム国家である U.A.Eの人たちは お酒を飲みません。
 そのせいもあるのか、 ドバイでは、 果物をふんだんに使った、ジュースの文化が 
 ものすごく楽しめます。

ジュース 003

 スーパーで見つけた 色々な種類のミックスジュース。
 中でも、珍しいのは メロンジュース? 美味しそうでしょう。

繧ク繝・繝シ繧ケ+006_convert_20091030220732繧ク繝・繝シ繧ケ+004_convert_20091030220631繧ク繝・繝シ繧ケ+005_convert_20091030220708

 飲んでみると・・・
 完熟メロンを切ったときに出てくる、メロンの汁!そのものです。
 あんまりたくさんは 飲めません。 咳がでてきます。

 ジューススタンドやカフェで、 ミキサーでミックスジュースを作ってくれます。
 これは 苺とバナナとオレンジのミックスですが、どのジュースも、どろ~っと かなり濃い目。

ジュース 008

 これは、 友達の家でごちそうになった、手作りのすいかジュース。
 自然の甘みが濃厚で、 とても夏らしい、美味しい飲み物です。

 塩をふった西瓜に大きな口でかぶりつくのに慣れた日本人には、 すいかの汁! ですが・・ 

ジュース 001


☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室

伝統のマーレライ
 南ドイツの 黒い森地方で、 昔から 掛け時計の図案に、お花のマーレライが
 描かれました。

鮟偵>譽ョ縺ョ邨オ+006_convert_20091027161957 黒い森の絵 007

「黒い森地方の看板の絵付け」 と名づけられたマーレライ。

黒い森の絵 001

これは、昔 花嫁道具として 装飾品などを入れるのに使われた 小さな宝の箱。
中には、引き出しがいっぱいあります。


鮟偵>譽ョ縺ョ邨オ+002_convert_20091103182918 黒い森の絵 003

2006年の春、朝から晩まで描いて、一週間 丸々かかりましたが、 
いい作品が出来たと思います。

黒い森の絵 005

☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室

新作! ☆ クリスマス作品
毎年、クリスマスが近づくと、クリスマス作品を描きます。
この2作品は、ワンデー・レッスン または お教室で、 皆さんに描いて頂こうと
思っています。

christmas 003

 <マリアッツェル・マドンナ>
christmas 004

                          毎年描く、大好きな聖母子です。

christmas.jpg

                     クリスマスの、もう一つのモチーフは、楽器。
                     christmas 006

                           <聖歌隊の少女>                          
                           christmas 010

作品の下に白く見えるのは、 お友達から頂いた 「綿の実」。 珍しいでしょう?
ふわふわで猫のおもちゃにピッタリ♪

☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

ドバイのハッピーフード
ドバイのショッピングセンターには、ファッション、貴金属、色々な
世界各国からのお店が並んでいます。

日本でも人気の、スイーツのお店もいくつか・・

ドバイハッピーフード 004

大理石の上で ヘラでこねこね、オリジナルアイスクリームを作ってくれる コールドストーン。

ドバイハッピーフード 001ドバイハッピーフード 002

アイスクリーム屋さんで、ちょっとびっくりしたことがありました。

4歳くらいの男の子と、お父さん、お母さんがお店に入ってきたんですが、
坊やは、 大人がアイスクリームを選んでいる間、てきぱきとテーブル席に向かって、
2人がけのテーブルにもうひとつ椅子をもってきて、自分の席を確保しました。

お父さん、お母さんは 二人分のアイスを持って、坊やが用意したテーブルに着席。  
坊やのアイスはありません。
二人の間に座って、お父さんから、お母さんからアイスをおねだりして
口に運んでもらっていました。 一番いっぱい食べたのは坊やだったのかもしれません。

日本だったら、席を用意するのはパパかママ。 アイスを一番に食べるのは子供、ですよね?

こうして、子供は自分の席は自分で用意する癖がつくだろうし、お父さん、お母さんの方が
自分よりエライ! てことを知るんだろうなあ、と思いました。

ドバイハッピーフード 006

クリスピークリーム ドーナッツ。  東京では行列、と聞いていましたが、ここで食べる事が
できました。

ドバイハッピーフード 005

国の文化の違いって、ありますよね。

☆ 谷淑子 バウエルンマーレライ教室

アップル・バターケーキ ☆ リボン
ケーキの写真を撮るのって、難しい!  毎回 全部含めると10枚以上は撮ってます。
フォーク置忘れちゃいましたね。

リボン と アップルバターケーキ 005

今回は とっても美味しそうに焼けました。

リボン と アップルバターケーキ 007

‘食べてっ♪’ って感じでしょ。

リボン と アップルバターケーキ 002

☆    りんご             3個
     小麦粉            140グラム 
     B.P.             小1
     砂糖              120グラム 
     バター             90グラム
     卵               3個
     ナッツ(塩味のついていないミックスナッツやダイス、スライスアーモンドなど)

    < ソース >
     溶き卵             1個分
     砂糖              30グラム 
     溶かしバター         30グラム
  

 1. 卵3個をボールに割りいれ、泡だて器で軽くあわ立てておく
    小麦粉、BP、砂糖をあわせてボールに入れ、中央にくぼみを作って
    卵液を入れ、粉を引き込みながら混ぜる。

 2. 溶かしバターも入れて、ゴムベラで混ぜ込む。

 3. 20センチの型に生地を入れる。

    ※ これは 火の通りにくい生地だし、りんごが美味しいケーキなので、
      ケーキ生地は薄めにして、上に、どん!とりんごを並べます。

 4. りんごを4つ割りにして 火が通りやすいように切り込みをいれ、レモン汁をふりかけて
    生地の上に輪を描くように並べる。

 5. 150℃のオーブンで約1時間焼く。 竹串をさしてみて、焼け具合を確かめること。

 6. ソースの材料を合わせて上からかけ、ナッツを散らして さらに6~7分焼いて
    焦げ目をつける。

☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室

リボン ☆ アウガルテン・ビーダーマイヤー die schleife
 
「ウィーンの薔薇」、など、アウガルテン工房の ビーダーマイヤーというカテゴリーのデザインに
「リボン」があります。  

リボン と アップルバターケーキ 004

ティーセットは アウガルテンの絵付け教室で描いたもの、右は手元にあった写真たてに、
「リボン」のデザインを 描いてみました。  しっくり落ち着いてますよね♪

ブログ用、新作! て、そのまんまですが・・

ハートの部分の絵は、オリジナル バウエルンマーレライです。

リボン と アップルバターケーキ 003


簡単で美味しい アップルバターケーキを載せました。 


繝ェ繝懊Φ縲繝ェ繝懊Φ縲

台風一過の連休は快晴。  秋たけなわ・・
奈良は 柿がたわわに実っています。

☆谷淑子バウエルンマーレライ教室


伝統のマーレライ
 バウエルンマーレライの家具には、 茶色を基調とした渋いデザインのほかに、
 多色使いの、花をちりばめた作品も多くあります。

 美術館においてあるほど古くなく、 現代の作家が描いたものです。

繧ー繝ェ繧カ繧、縲繧ー繝ェ繧カ繧、縲

家具を描くのはちょっと手ごわいし、置く場所も難しいですよね。

右の家具の花のモチーフを、お盆に描いた この作品。

グリザイ  008

側面には 白いベル・リニエを 丁寧に入れました。

グリザイ  010

☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室

死海 ナチュラルビューティプロダクツ
お土産に、 死海の自然成分を利用した基礎化粧品セットを頂きました。

dead sea 005

「死海」とは、 イスラエルとヨルダンの国境にまたがる、
海面下400メートルの位置、地球上で最も低い場所にある湖です。

昔、海水が閉じ込められて出来た湖なので 水は海水。

長い年月の間に、 雨の降らないこの地域で 塩の濃度はどんどん濃くなり、
今では、 海水が3パーセントの塩分なのに比して、30パーセントの濃度に
なっているそうです。 

生物が住めない海、「死海」 なんだそうです。

Deadsea20L.jpg

上の写真は、株式会社アシュレイのホームページから引用させていただきました。
真っ白に見えるのが、打ち上げられた塩。 

砂浜海岸に見えるのも、実は塩だそうです。

dead+sea+004_convert_20091003081619.jpg

シャンプー、黒い泥パック、 入浴剤としての塩、デイクリーム、ナイトクリーム、
泥石鹸、普通の白い石鹸。 どれもミネラル成分たっぷりです。

使い心地は、シャンプーは 日本の、「椿」 のような、しっとり感、サラサラ感はありません。
普通!
泥パックは 使った後、お肌がしっとり・・・

他の製品も、やっぱり一回では良さがなかなか実感できないので、長く使わないとね。

クレオパトラも死海のミネラルを利用した化粧品を作らせていたという説もあるそうで、
昔から、美容にも、病気の治療にも おおいに利用されていたということです。

http://www.ashrey.jp/
http://www.jce-overseas.co.jp/deadseasalt_top.html

 ↑↑ 日本でも、簡単に手にはいるようですね!

☆ 谷淑子 バウエルンマーレライ教室