FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

洋なしのタルト
今日も良いお天気 

暖かい初冬の日が続きます


洋なしって 季節は結構長いみたいですね
9月に一瞬見かけたと思ったら、また最近 箱で売られていました


DSCF7585_convert_20111130111535.jpg 



日本の梨とはまた一味違う 濃い甘みと滑らかさ


ちょっとひしゃげちゃったけど、 まあ 手作りの素朴さ、ということで・・

缶詰の洋ナシを使うと、もう少し形良くできるはず


DSCF7594_convert_20111130105104.jpgDSCF7596_convert_20111130110034.jpg




薔薇色の紅茶は イギリスからのお土産

名前は  VERY VERY BERRY  ですって


色がつかなくなるまで よ~く出して飲んだ後、ふっくら戻ったベリーを食べる、って
友達が飲み方を教えてくれました

ブルーベリーがいっぱい入ってます




カスタードと洋なしのタルトに、 爽やかな香りと甘酸っぱさが よくあいます



今日で11月は終わり


神戸市役所の24階から眺めた 神戸港

手前の 東遊園地では、
’神戸ルミナリエ’が 完成して点灯を待つばかりになっています



DSCF7599_convert_20111130110146.jpg 

洋なしのタルト

クッキー生地

 バター             50グラム
 砂糖              40グラム
 全卵               二分の一個
 バニラオイル          少々
 小麦粉             120グラム

( 実際に使う量は、この3分の2くらいでも十分です)

アーモンドカスタードクリーム

 卵黄                2個
 全卵               二分の一個
 砂糖               80グラム
 コーンスターチ          20グラム
 アーモンドプードル        50グラム
 牛乳               200cc
 バター               20グラム
 ラム酒               少々

 洋なし              2個 (または洋なしの缶詰一個)


1. クッキー生地をつくる
  
   バターをやわらかくして、砂糖を入れて 白っぽくなるまですり混ぜる

2. 卵をいれる

3. 小麦粉、バニラオイルを入れて木べらで混ぜ、 一つにまとめて
   冷蔵庫でやすませる

4. カスタードクリームをつくる

   コーンスターチ、アーモンドプードルを混ぜて 電子レンジで10秒加熱して粉臭さを取る
   砂糖を混ぜる

5. 牛乳を少しずつ加え、十分にかき混ぜる

6. 電子レンジで クリーム状になるまで加熱し、数回取り出して
   出すたびに 泡だて器で十分に攪拌する

7. 卵を少しずつ加え、よくまぜる

8. クッキー生地をめん棒で伸ばし、タルト型に敷きつめる

9. その中に薄くスライスした洋なしを並べ、アーモンドカスタードを間に
   流しいれる

10.180度のオーブンで、表面にこんがりした色がつくまで 約45分焼く
   

   
   
☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室


杉村逸男バウエルンマーレライ講演会


11月12日、 東京銀座の トールペインティングハウスそれいゆで
バウエルンマーレライについての講演会がありました



杉村逸男さんは 建築家、大学講師であり、バウエルンマーレライ研究家
ペインターでもある方です


今回、「百姓家具」という本を出版され、それを記念しての講演会

http://www.amazon.co.jp/%E7%99%BE%E5%A7%93%E5%AE%B6%E5%85%B7%E2%80%95%E3%83%90%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C-%E6%9D%89%E6%9D%91-%E9%80%B8%E7%94%B7/dp/4860350766/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1321787179&sr=1-1


講演会では、 たくさんの 美しくて貴重な映像を見ながらの 学術的で、興味深いお話


とてもとても参考になりました


地域、年代の特徴をおさえながら、各地の伝統的な絵柄について解説されています

 



バウエルンマーレライは、 

農村の、主に豊かな農民の婚礼道具として 家具職人が作った家具に
絵付け職人が描いた絵や、 

画家や職人が嫁入り道具や工芸品として、また 農民が内職として描いた小物
そういういくつかの流れが あるようです



杉村さんは 主として ドイツ語圏のヨーロッパ各地の民族博物館にある
百姓家具を ご自身で撮影され 研究されています



DSCF7559_convert_20111120192209.jpg 



私は主として、箱や時計などの生活用品に描かれた小物をアレンジしたり、 
家具の絵の一部を用いて 小作品を描いたりしています

年代より、地域的な特徴の大きい デザインになりますね



DSCF7583_convert_20111120195018.jpg


当日 映像で紹介してくださった作品の中に、私も同じものがあり、 
嬉しいのと、ちょっぴり 得意な気持ちにもなりました



ペインティング業界で活躍されている方々や、
バウエルンマーレライの先生方と 親しくお話しする機会に恵まれ、

とても充実した一日でした





マイパソコンが とうとう起動しなくなり・・  画像と資料がいっぱい入ったままなので
修理見積もり中

なれないパソコンでは すんごく時間が掛かります



☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室


今年のクリスマス

今年も立冬がすぎました

空気は冷たくなったけど、今日も明るい日差し



今年のクリスマス作品

’Die heilige Nacht’(聖夜)
クリスマス 001






友達のANETTのモチーフを参考に、 私なりにアレンジして描かせてもらいました


キリストさま、子供たち、動物・・ 可愛く描けたかな?

イメージ 1 



彼女よりは ずいぶん簡素化して、描きやすい物だけ選んだつもりなのに、

いざ 自分が描き始めてみると すご~く難しい!




完成させるまで、ホント、苦行でした(~_~;)

改めて、 ANETTの腕の確かさ、うまさに 感服しました





今年のトールペイントフェスティバルに ちょこっと飾ってもらっているはず


9日から14日まで 大阪大丸心斎橋 7階です
クリスマス 002 




さて、 徳永英明 城ホールコンサート    

とっても楽しかったですよ  


さらっと、セクシーなんやね



☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室


秋の作品


すっかり秋になりました

でも、今週は 暖かくていいですね



「実りの秋」 
 
秋の作品 001 




がんばってる男の子  りんごを楽しみに、見守ってる女の子
 
私の 息子と娘のイメージで描きました     昔のね

イメージ 3 




周りにぐるっと描いた 秋の果実と花

これは、 「黒い森地方の看板の絵」 の技法です

秋の作品 006 秋の作品 004





これも同じ技法   ほんわりとした透明感が 軽やかさ、繊細さを生み出しますね


イメージ 2 




週の最後は、 やっと取れた大阪城ホール、徳永英明が楽しみです  

どんな人かなあ~



☆谷淑子バウエルンマーレライ教室