FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

バウムクーヘントルテ


早くも桜が咲き始めました
薄色の 春の洋服が欲しいですね~

20℃前後の快適気温、バタークリームのケーキをつくるには いい季節

切り口に バウムクーヘンの年輪が見えるかな?
ラム酒漬けのドライフルーツを入れました

DSCF9282.jpg
 



寒い時はバターが硬くて泡立てにくいし、暑くなると溶けちゃいます

ふんわりと砂糖入りのバターを泡立てるには、今ぐらいの気温が良いですね

DSCF9281.jpg



バウムクーヘンを小さく切って、 生クリームと一緒に泡立てたバタークリームで
包み込んだお菓子

周りには スライスアーモンドのキャラメリーゼを砕いたものを まぶしました
カリカリ歯ごたえが残るくらいが美味しいです

DSCF9285.jpg 



頂いた 老舗あみだ池大黒の モダンなポン菓子

抹茶味、チョコレート味、黒糖味、木苺チーズケーキ味、アーモンドカフェ味

空気に触れても湿らないし、かりかりお洒落なお味は
日本茶にも、紅茶にも、ワインにも良かったです♪

DSCF9286.jpg 

☆バウムクーヘントルテ(16センチ丸型)

  大きなバウムクーヘン(スーパーで売ってる、一つ300円くらいのものです)  一つ
 
 
  マーガリン                                          100グラム
  生クリーム                                          50cc
  砂糖                                              50グラム
  スライスアーモンド                                     35グラム
  砂糖                                              50グラム
  ラム酒漬けフルーツ                                    80グラム

1. バウムクーヘンを一センチ厚さに切る
2. マーガリンに砂糖を少しずつ加えながら、白っぽくなるまで電動泡だて器で泡立てる
3. 生クリームを少しずつ加えて、更に泡立てる
4. ラム酒漬けのフルーツを小さく刻んで加える
5. 底の抜けるケーキ型にラップを敷き、底にバウムクーヘンを敷く
6. クリームの中にバウムクーヘンを混ぜ込み、ケーキ型に詰め、冷蔵庫で冷やす
7. 砂糖を鍋に入れて弱火で熱し、色づき始めたらスライスアーモンドを入れる
8. 冷まして固まったら、ミキサーにかけて荒く粉砕する
9. バウムクーヘントルテをケーキ型から外し、表面に8の粉末アーモンドをまぶしつける


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

丘は花盛り

春が来た! と思って冬物をしまいかけたら、

今朝の室内温度は7℃ 





でも 日差しは明るく、お花も咲き始めました    


2013梅  22013梅



白梅はまだだけど、ピンクと赤は花盛り

たまに 花を眺めに遠出するのは 楽しいですよね


4梅2013 


初級クラス5作品目は
ドイツマーレライの本から、お花の色々を好みの色で描きます


人気のピンク

パステルカラーには 柔らかい色のコーディネート

DSCF9279.jpg


図案は同じなので、 素材を変え、色を変え、下地の技法を変え・・

時間はかかるけど、楽しんで



濃いベースには キュートな配色で

 DSCF9280.jpg 
どちらも、生徒さんの作品です 


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

お教室の紹介 
  

今日はお雛祭り
日は長くなり、春はすぐそこまで来ています

コリンスキー筆を使っての、大阪サンセイ一日講習会が終わりました
筆の使い方を一緒に研究し、私も勉強になりました♪


ブルーのボックスは、2号筆を使っての参考作品です
DSCF9218.jpg 




自宅教室も 少人数で始まりました

作品を見ながら ゆったり描いて頂けるのがメリットかな?
駅から ちょっと遠いんですが・・
DSCF9163.jpg   DSCF9250.jpg 

DSCF9252.jpg 



新しいアトリエで 初めて完成した作品

渋い作品に憧れているんですが、 また 可愛いの描いちゃったね
秋に販売した ピンク色のハンガリースタイルの花とおなじデザイン


ちょっと工夫した描き方があるハンガリースタイルの花、
 次回 7月の大阪サンセイワンデーセミナーで、ボックスに描いてみようと思っています

お店のウィンドウに展示中です
DSCF9260.jpg

☆ 谷淑子バウエルンマーレライ教室