FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

伝統のマーレライを学ぶ

バウエルンマーレライ 

Bauernmalereiは 古い時代には家具に描かれたものや
凝った工芸品として描かれたものが多いです  


現在は 芸術として描いたり 趣味として生活の小物を描いたり
色々な楽しみ方がありますね


初級第一作品 
生徒さんが上手に完成させてくれました  S.Mさん作


額の部分は 百姓家具でよく使われるクライスターマーレライの技法の一つ


その中に 趣味のマーレライでおなじみのポピーやいちご
マーレライ基本の花を描きます

野草は 芸術としてのマーレライでは描かれることはないそうですが・・



私の見本には 額には4つの描き方を入れました
パターンのバリエーションも色々
16_201703232302220a2.jpg


古い家具の色は 濃く鮮やかな色が多いです

 image3_20170323230220d13.jpg



私たちのマーレライは趣味のマーレライ

 もう少し明るく軽い、パステルカラーも使いたい気がしますね


緑化フェスティバル  003 緑化フェスティバル  001


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室


古書を観る楽しみ
私の作品はヨーロッパの古い作品のアレンジが基本

昔の家の様子や暮らしに想いを巡らせながら
伝統の描き方、色を再現して
創作するのが好きです



このお店ご存知ですか? 古書玉椿さん

http://tamatsubaki.net/?mode=cate&cbid=1205149&csid=0&sort=n


たくさんの 眺めるだけで楽しめる外国の書物を紹介、販売してくれる
マーレライファンにはとても楽しく興味深いお店

14 
 今回ご紹介した本は 全てお買い上げ頂きました

まだ少し本やパケットがありますので またの機会にご紹介させて頂きます


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

大阪サンセイ スポットセミナーのお知らせ
南ドイツ テルツ市民博物館

16 


クライスターマーレライ
(クルミの殻を砕いた粉を糊で溶いて作った絵の具での絵付け)
ブルーの下地 ・赤い薔薇

それが特徴の テルツの家具


15 




4月4日(火)10:00~15:30 の大阪サンセイスポットセミナー作品は 
↓左の ’テルツの薔薇・ブルー'

伝統の色を損なわず モダンなデザインで
http://www.osakasansei.com/image/seminar/pdf/p_0404_terutu.pdf


下塗り・下絵写しが宿題になります

お申し込みは 大阪サンセイ住吉さん  06-6341-0951




床暖房、思った以上に快適な冬になりました!

一番楽しんでいるのは うちの🐈
真冬でも床でごろごろできるようになりました♪

17_20170228190712403.jpg


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室