FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

レースの小物

少しずつ暖かくなってきました
三寒四温の春のお天気へ

一月の寒いころ、長年私の教室に通って下さっているTさんのお宅へ
レースの描き方を習いに行ってきました
以前彼女のブログで作品を見て
素敵だなあ、描きたいとずっと思っていました
ペイントが大好きなもう一人の教室メンバーと一緒に希望が実現

http://blog.livedoor.jp/ohattyan/archives/2015-06.html

↑ 素敵でしょ? 参考作品はアーリン・リントンさん

まずホワイトを塗ってからレースの形にベース色を入れていきます
IMG_0007.jpg 

私は小物で
ラファエルコリンスキー丸筆2号を持っているので線描は得意なの
IMG_0010.jpg 

それからすっかりはまりこみ 
ハンガリー刺繍とのアレンジで色々作りました
楽しかった!
IMG_0113.jpg 

☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

りんごとバレンタインチョコと猫と
バレンタインの優しいネコチョコ
今我が家にある美味しいものはリンゴとチョコレートです
IMG_0086.jpg

びっくりする甘さのサンふじはふるさと納税でもらったもの
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=78361

急に机の上に乗ってきてびっくり 
家にいるときはいつもネコと一緒です
IMG_0075.jpg

レース模様にハンガリー刺繍のアレンジで
6月の大阪コンベンションに向けて小物作りを始めました
IMG_0077_20190215081719214.jpg

☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

今年一番の雪の日

2月の連休の最終日は 粉雪が降り積もりました
ほとんど今年初めての雪
IMG_0067_201902122147105a7.jpg

お隣さんで咲き始めた水仙も雪の帽子
でも 深い雪にはならず

奈良に住んでいたころは しんしんと降り積もる雪の日を覚えていますが
宝塚では5年以上それはないです
 IMG_0069_20190212213930089.jpg

週末に作ったトリュフェルトルテ
久しぶりに共立ての手のかかるケーキでしたが 美味しかった!

湯せんにしたチョコレート、混ぜ込んでチョコクリームにはしないで
マーブル状に流しました
そうすると 柔らかいクリームの中でチョコの口当たりががぱりぱりと♪
 

手前みそで 今夜はおやすみなさい
 
18_2019021221470918d.jpeg 
☆谷淑子バウエルンマーレライ教室

Trueffel Torte
もうすぐバレンタインデー💛
ドイツに住んでいたころ 
Trueffel Torte’トリュフェルトルテ’ というすごく美味しいケーキがありました

上には洋酒の入ったトリュフが並べてあって
IMG_0058.jpg
スポンジの間にはたっぷりのチョコクリーム
表面は チョコレートがコーティングしてありました

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=Truffel+Torte&ei=UTF-8&rkf=1

IMG_0061.jpg 
同じようにはいかないけど
それらしき雰囲気のチョコケーキを作ってみました

もー久しぶりにすごく手のかかるケーキ
IMG_0060.jpg 

今年に入ってからは すごく慌ただしい毎日で...
と言いながら 

ケーキを作りブログを書いている私です

 トリュフェルトルテ   20センチ丸型

  卵      3個
  砂糖     90グラム
  薄力粉    75グラム
  ココア    15グラム
  B.P.     小さじ1/4
  バター    20グラム
  ブランデー  10cc

  生クリーム  200㏄×2個
  板チョコ   100グラム
  砂糖     20グラム

  トリュフ   8個

  1、薄力粉、ココア、B.P を合わせてふるっておく
  2、バターは湯せんにかけて溶かしておく
  3、ボールに卵と砂糖を入れ 電動泡だて器で
    もったり泡だて器の中に生地がたまるくらいまで しっかり泡立てる
  4、1の粉をもう一度ふるいながら加える
  5、底からすくい上げるようにしながら 丁寧に混ぜ合わせる
  6、溶かしバター、ブランデーを加え さらに丁寧に混ぜ合わせる
  7、ケーキ型に流し、180度で40分程度焼く 
    竹ぐしを刺して何もついてこなくなるまで

  8、スポンジケーキを2枚に切り 間に砂糖を加えて泡立てた生クリームをはさむ
    表面にも塗る
  9、刻んだ板チョコを全体に飾り上にトリュフを飾る 
    生クリームを挟んでから一晩おくとしっとりして美味しい
 
☆谷淑子バウエルンマーレライ教室