FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

Spanschachteln ・ シュパンシャハテルン


今週は早や6月  梅雨も間近です


母の友達が送ってくれたお便り
ちぎり絵と切り絵を合わせて 瑞々しい紫陽花色のハガキが出来上がっています


時々ご紹介させてもらっている彼女、86歳の切り絵の先生です
達筆でしょ?

14_20170529174822424.jpg




伝統のマーレライ、 教室では箱をたくさん描きます

Schachteln・シャハテルン とは ドイツ語で箱の事
ブリキの箱、木箱、箱全般です

マーレライでの箱は 結構大きなものも多くて 
昔はそこに、小麦粉などの食料品その他 色々なものを入れたそうです



Spanschachteln・シュパンシャハテルン とは  
日本でいう経木(きょうぎ・杉やヒノキの薄い木の板)のような
薄い木の板で作られた箱の事です  


小さな宝物やおもちゃ、日常のちょっとした大切な品を入れる宝箱だったんですね
私も オーストリアの先生に教えてもらってたくさんの小箱を描きました




シュパンシャハテルンの発祥は 古くは14世紀、主には18,19世紀までさかのぼります
木がたくさん茂る山岳地方の民芸品です

オーストリア、ドイツ、チロル、色々な地方で描かれますが
ベルヒテスガーデン、オーストリア上部地方のFiechtau,中央ドイツのThuringen,、
東ドイツとチェコの国境の山岳地帯などに

ごく古い、制作の資料が残っているそうです


こちらは その中の一つのデザインを小さな木のお皿に描きました
大小のお皿に色々描くのもアイデアですね

21_20170529183446a0f.jpg


ベースの色や花の形などに特徴があって、比較的簡単でバリエーションも多く
楽しい教材だと思っています♪

☆谷淑子バウエルンマーレライ教室
関連記事