FC2ブログ
ヨーロピアンフォークアート教室 ☆手作りお菓子・マーレライの紹介と日々の事

パンチュール・スア・ボア

今日、8月19日はハイクの日

四国松山は 俳句の聖地だそうです

www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/rekishibunka/haiku/haikunosato_matuyama.html


ひと雨に花壇息づく敗戦日  薫  


der Gedenktag  von    der Niederlage
     敗戦の記念日

das Blumenbeet  ist lebendig
 花壇は生き生きとしている

uebergiessend sich ein Schauer
 にわか雨を浴びながら


ひと雨に喜ぶ真夏の花たちを見て、敗戦の日の悲愴な思い出を慰める句

叔母が作った俳句とドイツ語俳句です



今年も終戦記念日も終わり 戦争の放送も色々ありましたが
つい背中を向けて生きがちな 平穏な私たちの日々
その体験の重さを受け止めて未来へつなげていかないとね・・ 自戒です


さて! Peintur sur bois は 木の上の絵、という意味のフランス語

パリの3区にあるアトリエ・ギグは
マーガレット・ギグさんから3代
兄弟も含めて家族で描かれている伝統工芸 の工房です

http://www.atelier-guigue.fr/photos

パリに住んでいたころ、アトリエギグで講習を受けていました

私が一番気に入っている作品
IMAGE519 - コピー

外国の先生に習うときはいつも、まず紙の上にしっかり練習

6 - コピー 7 - コピー


パリではもう一人、モンマルトルのサンドラ先生に
花の形や色について たっぷり教えてもらいました 


いつかの作品展で 色を変えて描いたサンドラ先生アレンジの
パンチュール・スア・ボア

生徒さんの作品です(お名前出させてください)
P1060521.jpg

外国に住んでいた時は 行くところ行くところでペインティングの先生を探して習いに行っていました
若かったから、勇気がありました!

いつもいつも自分のことばかりしてたような・・
家族が普通に育ってくれてよかったです


夏休みも 盆踊り を残すばかりとなりました

この夏の思い出は いかがだったでしょうか


☆谷淑子バウエルンマーレライ教室
関連記事